女性ホルモン剤プレマリンジェネリック通販(個人輸入代行)情報

女性ホルモン剤プレマリンジェネリック「エストロモン」

女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック薬である「エストロモン」の通販(個人輸入代行)情報などを紹介しています。

エストロモン(Estromon)0.625mg

エストロモン(Estromon)0.625mgは、女性ホルモン剤である「プレマリン」のジェネリック医薬品です。

プレマリンは、古くからある代表的な卵胞ホルモン薬(エストロゲン薬)で、体内で活性のエストラジオールに転換されて効果を発揮します。

エストロモンは、そのプレマリンのジェネリック薬で、性ホルモンとして働く「卵胞ホルモン薬」となっています。

閉経前後に少量を用いることで、更年期障害にともなう不快な症状が改善されます。

特に、ノボセや発汗など血管運動神経症状に効果が高く、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。

成分は、Conjugated Estrogens(結合型エストロゲン)0.625mgとなっています。

ジェネリック医薬品が不安だという場合には、プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mgをご利用ください。

エストロモンの効果と用法

女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック薬であるエストロモン(Estromon)の効果としては、卵巣欠落症状、 卵巣機能不全症、更年期障害、老人、小児および非特異性の腟炎、機能性子宮出血などがあります。

また、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。

さらに、長期に続けることで骨粗鬆症の予防効果も期待できます。

骨粗鬆症に対しては正式には適応しませんが、骨量増加と骨折予防効果が世界的に認めらている唯一の女性ホルモン薬です。

また、更年期障害や卵巣機能不全症に用いられますが、腟炎や器質的に異常のない予定外の機能性子宮出血に対する適応もあります。

エストロモンの用法としては、結合型エストロゲンとして、成人の場合は通常、1日0.625〜1.25mgを服用します。

なお、機能性子宮出血または腟炎に対しては、1日0.625〜3.75mgを服用します。

エストロモンの副作用や注意事項

女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック薬であるエストロモン(Estromon)の副作用としては、乳房の張りや痛み、予定外の出血、吐き気や嘔吐などが多く見られます。

これらの副作用については、2〜3カ月して体が慣れてくれば、たいてい軽快しますので、それほど心配はいりません。

重い副作用はまずありませんが、念のため注意が必要なのは「血栓症」です。

血栓症の場合は、手足、特にフクラハギの痛みや痺れ、突然の息切れ、胸の痛み、激しい頭痛、めまい、急に視力が落ちるといった症状が前触れとなりますので、万が一、そのような症状があらわれたら、すぐ医師に連絡するようにしてください。

エストロモンの注意事項としては、治療目的によって飲み方が違い、更年期障害では黄体ホルモン薬との併用が原則です。

周期的投与法など変則的になることがありますので、指示通りに正しく服用するようにしてください。