女性ホルモン剤エストロモン(Estromon)効果と用法

エストロモンの効果と用法

エストロモン(Estromon)0.625mgは、女性ホルモン剤である「プレマリン」のジェネリック医薬品です。

女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック薬であるエストロモン(Estromon)の効果としては、卵巣欠落症状、 卵巣機能不全症、更年期障害、老人、小児および非特異性の腟炎、機能性子宮出血などがあります。

また、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。

さらに、長期に続けることで骨粗鬆症の予防効果も期待できます。

骨粗鬆症に対しては正式には適応しませんが、骨量増加と骨折予防効果が世界的に認めらている唯一の女性ホルモン薬です。

また、更年期障害や卵巣機能不全症に用いられますが、腟炎や器質的に異常のない予定外の機能性子宮出血に対する適応もあります。

エストロモンの用法としては、結合型エストロゲンとして、成人の場合は通常、1日0.625〜1.25mgを服用します。

なお、機能性子宮出血または腟炎に対しては、1日0.625〜3.75mgを服用します。

ジェネリック医薬品が不安だという場合には、プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mgをご利用ください。